終了|【トークセッション 7/15 16:30~】「旅の仕事人、はじまりの本はなんですか?」

旅のはじまりには、一冊の本との出会いがあり、
裏を返せば、本がなければ旅ははじまらないのかもしれない。

本との土曜日 vol.6「特集 旅のはじまり、はじまりの本」の記念トークイベントとして、旅のきっかけとなった本をゲストに語っていただく「旅の仕事人、はじまりの本はなんですか?」を開催します!

スピーカーは、写真家・井生明さんと、自転車冒険家・小口良平さん。ユニークな旅人であるお二人は旅の経験をもとにした本をそれぞれ出版されています。イベントでは、写真や映像を交えて旅の話を伺いながら、旅のきっかけとなった本をご紹介いただきます。

本との出会いで、旅がはじまる。
そんな可能性についてじっくりうかがいたいと思います。

※お二人は11:00-16:00のブックマーケットにも出店いただきます!

 

開催概要

  • 開催日 2017/7/15(土)
  • 時 間 開演/16:30 終了/18:00
  • 参加費 1500円(ワンドリンク付き)
  • 定 員 40名
  • 主 催 「本との土曜日」実行委員会
  • 場 所 BETTARA STAND 日本橋 http://bettara.jp/
    (〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-10-1)
  • アクセス 「小伝馬町駅」徒歩2分、「新日本橋駅」徒歩3分、「三越前駅」徒歩5分
  • お問い合わせ:info@hontonodoyobi.com
  • お申し込み:当日受付

登壇者プロフィール

井生明

写真家、まちかど倶楽部代表。カルナータカ音楽を中心とする南インド、北インド及び東南アジアの芸能、タミル人の暮らしなど幅広く撮影。その他、テレビ番組のコーディネート、英語・ロシア語の通訳としても活動。著書に『南インドカルチャー見聞録』(井生春奈、マサラワーラーとの共著、阿佐ヶ谷書院/2014年)。また単著として『南インド ひよっこダンサー、はじめの一歩』(玉川大学出版部)を今月7月に発売予定。

小口良平

自転車冒険家。1980年生まれ、長野県岡谷市出身。2007年から2016年までの約8年半で157ヵ国・155,502kmの自転車地球一周旅を達成する。その走破距離、国数は日本歴代1位の記録。帰国後は全国各地を回り、講演会などで旅の体験談を語る。「JACC」会員。人力だけで冒険・探検に挑むチャレンジャーを応援する「人力チャレンジ応援部」に所属。著書に『スマイル! 笑顔と出会った自転車地球一周157カ国、155.502km』(河出書房新社/2017.5)。