本との土曜日#11 ―正直な働き方のための500冊(2018.5.26)

会場の変更により延期していた「本との土曜日 #11」を横浜日ノ出町にて開催することになりました!

今回の会場の詳細は追って投稿しますが、これまでの本との土曜日の会場だった「BETTARA STAND 日本橋」と同様、YADOKARIがプロデュースする施設です。

高架下タイニーハウスホステル
http://keikyu-tinyhousehostel.yadokari.net/

さて、第11回のテーマは「正直な働き方のための500冊」です。


「働き方」というワードを一日平均10回は耳にする。もう耳タコだ。

この言葉をふつうにとらえれば「どうやって働くか」というハウツー的な意味になる。けれど、巷では、すでに文字通りの意味を超えて、「何の仕事をするか」「何のために働くのか」ひいては「どうやって生きるか」というニュアンスも込めて使われている。

働くことは、それほど切実な時代だ。

働く環境があまりよくないのか、賃金を得る目的を脇において、よりよく働きたいと考えるひとが増えてきた。

「やりがい」という言葉には違和感がある。きっとその言葉には、他人よりも自分にウェイトがあるのかもしれない。自分のためではなく、誰かのために働く“私”であることが、稼ぎよりも大切な時代になってきた。

それと、会社や組織の論理のなかで働くことに疲れたひとも増えていると思う。たくさんの仕事と協働していくなかで自分との折り合いがつかないことはある。ありていにいえば「意志の統一」だが、そのほとんどは妥協やもっといえば自己欺瞞だったりする。

ごまかしながら働くことは、とても、しんどい。

 今回は「正直な働き方のための500冊」と題して、本との土曜日を開催します。


開催概要

日程と会場が決まりました!

  • 名 称 本との土曜日#11「正直な働き方のための500冊」
  • 開催日 2018/5/26(土)
  • 時 間 OPEN 11:00 → CLOSE 16:00(予定)
  • 会 場 横浜日ノ出町「高架下タイニーハウスホステル(仮)」コミュニティスペース
    〒231-0066 神奈川県横浜市中区日ノ出町2丁目 京急電鉄高架下
  • 入場料 無料
  • 運 営 本との土曜日実行委員会

出店者募集

今回の特集にそって出店していただける「本屋さん」を募集しています。実店舗の有無、本屋経験の有無は問いません。

出店料:2000円(税込)

  • 陳列する書籍の7割をテーマに関連した本で構成すること(残り3割はテーマから外れた書籍でも構いません)
  • 一般的なビジネス本や啓発書は避けること。
    • 選書例
      • 永六輔『職人』(岩波新書)
      • 鈴木克明『不器用なカレー食堂』(晶文社)
      • 栗原康『働かないで、たらふく食べたい』(タバブックス)
      • 沼田学『東京魚河岸ブルース』(東京キララ社)
        など
  • グッズ、雑貨は売り場全体の3割以下にすること

エントリー締め切り: 4/26(木)終日中

出店者一覧

BOOKS

 

comming soon!

 

comming soon!

 

comming soon!

FOOD

 

comming soon!

 

comming soon!

 

comming soon!