第6回 本との土曜日|特集「旅のはじまり、はじまりの本」2017.7.15(土)

次回7.15(土)の第6回は「旅のはじまり、はじまりの本。」というテーマで、「旅の本」を特集します。

旅はきっかけなしにはじまりません。そのきっかけが実は本だった、というはじまりは珍しくないと思います。
当日は出店者の皆様に、旅がはじまる本を持ち寄っていただきます。

開催概要

ブックマーケット

▼ フォローしていただくとFacebookにて開催予定をお知らせいたします。

出店者一覧

BOOK

まちかど倶楽部(井生明)

あなたの心にインドの風を!まちかど俱楽部の井生明です!7月に上梓する拙著「ひよっこダンサー、はじめの一歩」や共著「南インドカルチャー見聞録」、その他僕が寄稿した号の「旅行人」やインド関連の本に加えてインドな雑貨などもお持ちします!BETTARA STANDは海外の宿の憩いスペースみたいな雰囲気なので、お客さんだけでなく他の出店者さんともダラダラと楽しめればいいなと思っています。どうぞ、よろしくお願いします!

Web まちかど倶楽部

小口良平

長野県出身。2007年3月から1年かけて日本一周し、2009年3月から2016年10月まで世界一周の旅に出る。日本を含み約8年半をかけて、157ヵ国、155,502㎞を走破。日本における自転車冒険では1位の国数。世界では推定3位の記録を樹立。帰国後は旅で得た経験を講演会、書籍、サイクリングイベント等で伝える。次の夢は南極、月への自転車旅。

旅音 

カメラマン(林澄里)、ライター(林加奈子)のふたりによる、旅にまつわるさまざまな仕事を手がける夫婦ユニット。単行本や雑誌の撮影・執筆、トークイベント出演といった活動をしています。息子が生まれてからは年に一度、家族みんなで海外へ出かけるのが恒例行事に。今回は自著・共著のほか、90年代にむさぼり読んでいた本や、ロシアとインドで入手した冊子、旅先で一目惚れした雑貨を持って、鎌倉から参加します。

旅の本屋 のまど

西荻窪にある「旅」をキーワードに」した本屋です。本を通して「旅」を感じ、「旅」への想像をかきたてられる、そんな本屋をめざしています。当日は、旅へ出発したくなるきっかけになるような本をセレクトして販売する予定です。よろしくお願いします。

Web 旅の本屋 のまど

BOOK TRUCK

BOOK TRUCKは、公園や駅前、野外イベントなどの行く先々に合わせて、その都度品揃えや形態が変わる移動式本屋です。ブルーグレーのトラックに新刊書、古書、洋書、リトルプレスなど約500冊を詰め込んで、関東を中心に様々な場所に出店しています。旅に関する本はもちろん、旅先で読みたくなる本なんかも持って行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

YADOKARI小商い部

YADOKARI小商い部は、身の丈にあう小さな商い=小商い!に興味を持つメンバーの集まりです。普段はそれぞれの仕事をしている部員ならではの個性溢れる、一日限りの旅の本屋。どうぞお気軽にお立ち寄りいただき、本のこと、旅のこと、小商いのこと、話しましょう!

World Wide Books

これまでの僕の人生で最も時間とお金をかけてきたもの、それが「本」と「旅」です。今回はそんな僕が店主として、さまざまな本をお分けします。人が旅をするように、本もまた旅をします。僕の手元から出発する本の到着地は、あなたかもしれません。良い旅ができるように、ぜひ迎えに来てあげてください。

Blog 『一歩、世界に近づくブログ』

Art Bridge Institute

Art Bridge Instituteは、さまざまな土地で活動するアーティストやアートプロジェクトを訪ね、『ART BRIDGE』というメディアをつくり、それを手渡しで届けることで、土地や人にゆるやかな関係性をつくる活動をしています。本誌バックナンバーのほか、読んだ方が「創造の旅」に出たくなるような、本や写真集を持っていきます!

Web Art Bridge Institute

雀の額

「雀の涙」と「猫の額」を足して2で割り『雀の額』経験・実績・軍資金、全てがゼロなら“まぁこれくらいが丁度良いか”と率直な気持ちを屋号に託す(笑)。今回のテーマ「旅」を自分の棚からいくつかチョイス。「見て、読んで終わり」ではなく、その後にも繋げて欲しいから。思わず「行きたくなる本」を選んで見ました。

旅するライター 五月女菜穂

1988年生まれ。元朝日新聞記者のフリーライター/フリーランサーです。渡航歴40か国を超える旅人で、常に旅するように生きています。2017年1~3月に60日間で12か国を巡る弾丸世界一周旅をしまして、5月に渋谷で単独写真展兼雑貨販売展示を主催しました。今回は、旅に行く背中を押してくれたり、また旅を始めたい時に読み返したりする本、お気に入りの旅雑貨を選びました。

Web  Naho Sotome.com

ベランダ本棚

まだ見ぬ景色と本を求め、北へ南へ東へ西へ。はじめまして。一箱古本市店主3年生の「ベランダ本棚」と申します。近年心を掴まれた旅先は、豊島(香川県)とタスマニア島(豪)。今夏はフィンランドとアイルランドに行く予定です。“明日行ける小さな旅”をメインテーマに、ふらっと旅に出たくなるような国内の鉄道旅エッセイ、テーマのある旅本などならべます。また、“人生という旅”を裏テーマとし、様々な人の生き方に迫る本も持っていけたらと思っています。

Web ベランダ本棚

FOOD

BETTARA STAND

BETTARA STANDのキッチンコンテナから、お酒は、生ビール、クラフトビール、ハイボールなどずらりと並べています。

Web  bettara.jp

O’keeffe

素朴で飾り気がないけど、飽きることなくいつまでも親しめるような、どこか愛嬌のあるお菓子。一口食べたらいつもの時間がふと穏やかになり、そして少し温かな気持ちにさせてくれるお菓子。そんなお菓子を食べてくれる人の喜ぶ顔を想いながら、丁寧に心をこめて作っていこうと思います。

Web O’keeffe

チャリンコーヒー

荷物を運ぶ用の自転車=カーゴバイクに道具を積んで神出鬼没に現れるの移動式コーヒー屋さん。。。を小商いにしつつ。
自転車で街を走り荷物を届けるメッセンジャーを生業しつつ自転車でポロをするストリートスポーツ、バイクポロのプレイヤーでもある。メッセンジャー、バイクポロ、ともに世界大会への参戦歴多数。

▼メニュー
ホットコーヒー ¥400/アイスコーヒー ¥400/アーモンドミルクカフェオレ ¥500/ヘンプシードクッキー ¥300

▼こだわりポイント
神出鬼没のコーヒーサーブ“チャリンコーヒー”のハンドドリップしたコーヒーを片手に一期一会のコミニケーションを是非〜。