【トークセッション 4/22 17:00~】紙とアタシとボクと街|『髪とアタシ』ミネシンゴさんと考える 地域のために本とアタシができること〜

4月22日の第3回「本との土曜日」では“本との出会い”ができる本のマーケットに続き、17時より”本との関わりかた”を考えるトークセッションを行います。

スピーカーとしてお招きするのは、アタシ社のミネシンゴさん。逗子・鎌倉の地域を拠点に、美容文藝誌『髪とアタシ』や鎌倉のローカル誌『KAMAKURA』ほか、書籍やフリーペーパーなど数多く手がけられています。当日は街や地域を表現し発信するためのメディアのつくりかたについてざっくばらんにお話しいただきます。特に、ミネシンゴさんの企画の斬新さと編集力、そして活動フィールドの広さには驚くこと必至です!

トークセッションのモデレーターは、「本との土曜日」のディレクターで出版社・株式会社三輪舎 代表、中岡 祐介氏と、BETTARA STAND日本橋コミュニティービルダー兼、鎌倉の街のコミュニティデザイナー、柴田 大輔氏。

本の出版や街のメディア作りに興味がある方、ぜひご参加ください。
本に関わりたいアナタのネクストステップがきっと見つかります!

なお、当日は16時まで本のマーケットも開催。10組の本の出店者に加わり、ミネシンゴさんも自らも販売!出版物「髪とアタシ」ほか書籍もご覧になれますよ!

開催概要

  • 開催日 2017/4/22(土)
  • 時 間 開場:16:30  開演:17:00 終了:18:30
  • 参加費 1000円(+ワンドリンク制)
  • 定 員 40名
  • 主 催 「本との土曜日」実行委員会
  • 場 所 BETTARA STAND 日本橋 http://bettara.jp/
    (〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-10-1)
  • アクセス 「小伝馬町駅」徒歩2分、「新日本橋駅」徒歩3分、「三越前駅」徒歩5分

参加チケットの申込み

Peatixでの事前購入のみとなります。お早めにお申し込みください。

登壇者プロフィール

ミネシンゴ

出版社アタシ社 代表/美容文藝誌 髪とアタシ編集長。
1984年生まれ逗子在住。東京、神奈川で美容師4年、美容専門出版社 髪書房にて月刊Ocappa編集部に2年在籍したのち、2011年10月にリクルート入社。リクルート在籍中に「美容文藝誌 髪とアタシ」を創刊。湘南「小商い」作戦会議モデレーター@湘南TSITE。BUKATSUDO講座「近い将来、鎌倉・逗子に暮らしたい学」モデレーター。OZ magazineにて鎌倉ネタを連載中。渋谷のラジオ「渋谷の美容師」パーソナリティ。最近はクリープハイプ作品集「もうすぐ着くから待っててね」にカメラマンとして参加。

中岡祐介 (なかおかゆうすけ)

株式会社三輪舎 代表取締役、編集者。「本との土曜日」ディレクター。
1982年茨城県生まれ横浜市在住。東京学芸大学大学院修了後、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社入社。子どもが生まれたことを機に2013年退社。2014年、「暮らしのオルタナティブ」を発信する出版社として、株式会社三輪舎を設立。地元・茨城のローカルマガジン「route」を年内に刊行予定。

柴田大輔 (しばただいすけ)

1988年生まれ秋田県出身。鎌倉を拠点にシェアハウスやゲストハウスの運営、カフェ・バル・家具屋に関わりながら、街のコミュニティーづくりを仕掛けてきた経験を生かし、今年4月よりBETTARA STAND日本橋のコミュニティービルダーに着任。